ヒント:他の言語はGoogle翻訳されています。 訪問することができます English このリンクのバージョン。
ログイン
x
or
x
x
会員登録
x

or

Excelでセル/範囲/ワークシートの文字数をカウントするには?

Excelでセル、範囲、またはワークシート全体の文字の長さを数える必要がある場合があります。そのため、すぐにその方法を説明します。

数式でセル/範囲内の文字をカウントする

Wordでワークシート全体の文字数をカウントする

Kutools for Excelで文字列内の特定の文字の数を数える 良いアイデア3

OfficeタブOfficeでタブ付き編集とブラウジングを有効にし、作業をより簡単にします...
Kutools for Excelは、ほとんどの問題を解決し、生産性を80%向上させます
  • 何でも再利用: 最も使用されている式や複雑な式、チャート、その他をお気に入りに追加し、将来的にすぐに再利用できます。
  • 20以上のテキスト機能: テキスト文字列から数値を抽出します。 テキストの一部を抽出または削除します。 数字と通貨を英語の単語に変換...
  • マージツール:複数のワークブックとシートを1つに; データを失うことなく複数のセル/行/列を結合します。 重複する行と合計をマージ...
  • 分割ツール:値に基づいてデータを複数のシートに分割します。 1つのワークブックから複数のExcel、PDF、またはCSVファイル。 1列から複数列...
  • 貼り付けスキップ 非表示/フィルターされた行。 カウントアンドサム 背景色別; メーリングリストを作成し、 セルの価値でメールを送信する...
  • スーパーフィルター: 高度なフィルタースキームを作成し、任意のシートに適用します。 ソート 週、日、頻度などにより; フィルタ 太字、式、コメントで...
  • 300の強力な機能以上。 Office 2007-2019および365で動作します。 すべての言語をサポートしています。 企業または組織に簡単に展開できます。

数式でセル/範囲内の文字をカウントする


セル内のすべての文字の長さを数えるだけの場合は、空白のセルを選択してこの式を入力できます = LEN(A1) (A1は文字を数えるセルを表し、必要に応じて変更することができます)、次に 入力します ボタンを押すと、セル内の文字の長さがカウントされます。 スクリーンショットを見る:

:このメソッドは、数値、スペース、特殊記号など、指定したセル内のすべての文字の文字列長をカウントします。

しかし、範囲内の文字を数えたい場合は、この式を入力できます = SUM(LEN(A1:B5)) (A1:B5は文字を数えたい範囲にあり、必要に応じて変更することができます)、次に Ctrlキー + シフト + 入力します ボタンを押すと、指定した範囲内の文字の長さがカウントされます。 スクリーンショットを見る:




Wordでワークシート全体の文字数をカウントする

ワークシート全体のすべての文字を数えたい場合は、Excelでそれらを数える直接的な方法はありません。Wordの助けを借りて行う必要があります。

1。 手紙を数えたいワークシートを開き、を押します。 Ctrlキー + A ワークシート全体を選択し、それらをWord文書にコピーします。

2。 次にWordで、をクリックします。 レビュー > ワード数、スクリーンショットを見る:


3。 ポップアップで ワード数 ダイアログで、文字数を確認できます。 スクリーンショットを見る:



Kutools for Excelで文字列内の特定の文字の数を数える

文字列内の特定の文字の出現回数だけを数えたい場合は、 Kutools for Excel's COUNTCHAR セル内の文字の数をすばやくカウントする機能。

Kutools for Excel, 以上で 120 便利な機能は、あなたの仕事をより簡単になります。

インストールした後 Excel用のKutoolsは、以下のようにしてください:(Excel用のKutoolsを今すぐダウンロードしてください!)

1。 計算結果を出力するセルを選択し、をクリックします。 クツール > 機能 > 統計&数学 > COUNTCHAR 。スクリーンショットを見る:
ドキュメントカウント文字1

2。 その後、 関数の引数 ダイアログボックスで、テキストボックスにカウントする文字列を選択します Within_text、あなたが数えたい二重引用符で囲まれた文字を入力してください。 Find_text ボックス。 スクリーンショットを見る:
ドキュメントカウント文字2

注意: この関数は大文字小文字を区別して文字をカウントします

3。 クリック Ok ダイアログを閉じ、自動入力ハンドルをドラッグして必要なセルに数式を適用します。
ドキュメントカウント文字3

先端。単語の時間をすばやくカウントしたい場合は、セルまたは範囲に表示されている場合は、Excel用のKutoolsを使用してみてください 単語を数える回数を表示する 次のスクリーンショットに示すように。 これは、60日には無制限で完全な機能ですが、 今すぐダウンロードして無料トライアルをしてください。


単語を数える回数を表示する

doc式1

関連記事:


Kutools for Excelは、ほとんどの問題を解決し、生産性を80%向上させます

  • 再利用: すばやく挿入 複雑な数式、チャート そして、以前に使用したもの; セルを暗号化する パスワード付き メーリングリストの作成 そしてメールを送る...
  • スーパーフォーミュラバー (複数行のテキストや数式を簡単に編集する) レイアウトを読む (多数のセルを簡単に読んで編集できます)。 フィルター範囲に貼り付ける...
  • セル/行/列を結合 データを失うことなく; セルコンテンツの分割。 重複する行/列を結合する...重複セルの防止。 範囲の比較...
  • 重複または一意を選択します空白行を選択 (すべてのセルは空です)。 スーパー検索とファジー検索 多くのワークブックで。 ランダム選択
  • 完全コピー 式の参照を変更せずに複数のセル。 参照を自動作成 複数のシートに 箇条書きを挿入、チェックボックスなど
  • テキストを抽出、テキストの追加、位置による削除、 スペースを削除する; ページング小計の作成と印刷 セルのコンテンツとコメント間の変換...
  • スーパーフィルター (保存して他のシートにフィルタ方式を適用する)。 高度な並べ替え 月/週/日、頻度などによる。 特殊フィルター 太字、斜体で...
  • ワークブックとワークシートを組み合わせる; キー列に基づいて表をマージします。 データを複数のシートに分割する; xls、xlsx、およびPDFのバッチ変換...
  • 300を超える強力な機能。 Office / Excel 2007-2019および365をサポートします。 すべての言語をサポートします。 企業または組織に簡単に展開できます。 フル機能の30日間の無料トライアル。
KTEタブ201905

OfficeタブはOfficeにタブ付きインターフェイスを提供し、作業をより簡単にします

  • Word、Excel、PowerPointでタブ付き編集と読み取りを有効にする、出版社、アクセス、Visioおよびプロジェクト。
  • 新しいウィンドウではなく、同じウィンドウの新しいタブで複数のドキュメントを開いて作成します。
  • 生産性を50%向上させ、毎日数百回のマウスクリックを削減します。
オフィシタブ底
Say something here...
symbols left.
You are guest ( Sign Up? )
or post as a guest, but your post won't be published automatically.
Loading comment... The comment will be refreshed after 00:00.
  • To post as a guest, your comment is unpublished.
    ABAT · 7 months ago
    To count all characters in a worksheet: - Rather than bother copying to Word, just use formula
    ' =SUMPRODUCT(LEN(A1:B5)) '.
    It works, try it!!
    In fact SUM(LEN(A1:B5)) will probably crash with #VALUE! error if used over large ranges, or a lot of characters are in each cell,
    particularly in older versions of Excel like Excel2000.

    So if you are getting #VALUE! errors when using ' SUM(LEN(A1:B5)) ', switch to SUMPRODUCT.
    I prefer this to tediously copying to Word, because with SUMPRODUCT :-

    1) It works over large ranges easily, on cell formating of any kind

    2) You can deduct parts of a range that may not be relevant (e.g. a cell, row or column that contains personal notes not relevant to the data you want to count)
    e.g. =SUMPRODUCT(LEN(B1:L5799)) - LEN(C4) removes the count of characters in Cell C4 from the whole range B1:L5799
    =SUMPRODUCT(LEN(B1:L5799)) - SUMPRODUCT(LEN(B462:L462)) removes the count of characters in Row 462 from the whole range B1:L5799
    =SUMPRODUCT(LEN(B1:L5799)) - SUMPRODUCT(LEN(D1:D5799)) removes the count of characters in Col. D from the whole range B1:L5799

    3) You can add ranges on more than one sheet, so without pasting every sheet to Word, you can get a total no. of characters in the whole Workbook
    e.g =SUMPRODUCT(LEN(B3:L799))+SUMPRODUCT(LEN(Sheet2!B4:C7))+SUMPRODUCT(LEN(Sheet3!A1:C7000)) is totaling the count for data on 3 sheets

    4) These formulae will update as your worksheet progresses - otherwise you will have to keep pasting to Word every time you alter your data and need a revised count of the characters

    5) It keeps your information in one place.

    Warning A) - Both ' SUMPRODUCT(LEN(A1:B5)) ' and ' SUM(LEN(A1:B5)) ' will fail if any of the individual cells in the range contain a formula that cannot compute and produce an error value such as #VALUE!, #NULL!, #REF!, #NUM!,#DIV/0! etc. Always best to combine error protection to your formulae in every cell.
    You can use Error protection on SUMPRODUCT to flag an error, such as ' =IF(ISERROR(SUMPRODUCT(LEN(B4:C7))),"err",SUMPRODUCT(LEN(B4:C7)))'
    which outputs the message "err" if any cell contains an error, but you cannot obtain the character count of the range until the cell(s) causing the errors are corrected, or the range is modified to omit the cell(s) containing the error.
  • To post as a guest, your comment is unpublished.
    FETTY · 1 years ago
    NAOMBA NISAIDIE KUJUA IDADI YA ROW NA COLUM KWENYE EXCEL
  • To post as a guest, your comment is unpublished.
    Deschreider M.M. · 3 years ago
    Copying the contents of the whole worksheet into word in order to be able to count the number of characters in the worksheet is an excellent advice! Thank you very much.
  • To post as a guest, your comment is unpublished.
    Xls · 4 years ago
    This formula counts characters, not letters as the title implies it should.