ヒント:他の言語はGoogle翻訳されています。 訪問することができます English このリンクのバージョン。
ログイン
x
or
x
x
お申し込み
x

or

Excelテンプレートのデフォルトの保存場所を見つけて変更するには?

すべての個人用Excelテンプレートを新しいコンピュータにエクスポートする場合は、Excelテンプレートをすばやく見つける方法を教えてください。 デフォルトの保存場所が分かりにくい場合は、デフォルトの保存場所を変更する方法は? この記事では、Excelテンプレートの既定の保存場所を調べ、Excelテンプレートの既定の保存場所を変更する詳細な方法を示します。

Excelテンプレートのデフォルトの保存場所を確認する

Excel 2013のテンプレートのデフォルトの保存場所を変更する

Excel 2007 / 2010のテンプレートの保存場所を変更する

このワークブックが選択されているアクティブなワークブックを含むフォルダを1つクリックすると開きます

現在のワークブックを含むフォルダ/ディレクトリをすばやく開き、現在のワークブックをオープニングフォルダで選択するには、Kutools for Excel's オープン含むフォルダ ユーティリティ。 全機能無料トライアル60日!

1フォルダを含む広告を開く

OfficeタブOfficeでタブ付き編集とブラウジングを有効にし、作業をより簡単にします...
Kutools for Excel-最高のOffice生産性向上ツールはExcelの問題のほとんどを解決します
  • 何でも再利用: 最も使用されている式や複雑な式、チャート、その他をお気に入りに追加し、将来的にすぐに再利用できます。
  • 20以上のテキスト機能: テキスト文字列から数値を抽出します。 テキストの一部を抽出または削除します。 数字と通貨を英語の単語に変換...
  • マージツール:複数のワークブックとシートを1つに; データを失うことなく複数のセル/行/列を結合します。 重複する行と合計をマージ...
  • 分割ツール:値に基づいてデータを複数のシートに分割します。 1つのワークブックから複数のExcel、PDF、またはCSVファイル。 1列から複数列...
  • 貼り付けスキップ 非表示/フィルターされた行。 カウントアンドサム 背景色別; メーリングリストを作成し、 セルの価値でメールを送信する...
  • スーパーフィルター: 高度なフィルタースキームを作成し、任意のシートに適用します。 ソート 週、日、頻度などにより; フィルタ 太字、式、コメントで...
  • 300の強力な機能以上。 Office 2007-2019および365で動作します。 すべての言語をサポートしています。 会社で簡単に展開できます。 フル機能の60日間の無料トライアル。

矢印青い右の泡Excelテンプレートのデフォルトの保存場所を確認する

あなたの個人的なExcelテンプレートのデフォルト保存場所を知るには、次のパスをコピーして、フォルダウィンドウのアドレスボックスに貼り付けます。

Excel 2013の個人用テンプレート: C:\ Users \%ユーザー名%\ Documents \カスタムOfficeテンプレート

Excel 2007 / 2010 'テンプレート: C:\ Users \%username%\ AppData \ Roaming \ Microsoft \ Templates

新しいブックを作成するときに自動的に適用されるデフォルトのExcelテンプレートの場合、デフォルトの保存場所は次のとおりです。

C:\ DocumentsとSettings \%username%\ Application Data \ Microsoft \ Excel \ XLSTART


矢印青い右の泡Excel 2013のテンプレートのデフォルトの保存場所を変更する

一部のユーザーは、個人的なExcelテンプレートのデフォルトの保存場所を覚えておくのは難しいと考えるかもしれません。 実際、Excel 2013では、次の手順でExcelテンプレートのデフォルトの保存場所を変更することができます。

ステップ1: フィレット > オプション.

ステップ2:Excelのオプションを開くダイアログボックスで、 保存 左のバーで、カスタム保存場所を入力または貼り付けて デフォルトのパーソナルテンプレートの場所 ボックス。

docテンプレートデフォルト保存場所1

ステップ3: OK ボタン。

次に、デフォルトのパーソナルExcelテンプレートの保存場所がカスタム場所に変更されます。


矢印青い右の泡Excel 2007 / 2010のテンプレートの保存場所を変更する

Excel 2007 / 2010の個人用テンプレートの保存場所を変更するには、次のようにします。

ステップ1:Microsoft Wordのオプションを開くダイアログボックス:

  1. Word 2010で、 フィレット > オプション;
  2. Word 2007で、 オフィスボタン > Wordのオプション.

手順2:Wordの[オプション]ダイアログボックスで、 高度な 左のバーで ファイルの場所 ボタンの 全般 の項目を検索します。

docテンプレートデフォルト保存場所2

ステップ3:今後のFile Locationsダイアログボックスで、 ユーザーテンプレート の中に ファイルの種類 ボックスをクリックし、 修正します ボタン。

docテンプレートデフォルト保存場所3

ステップ4:[場所の変更]ダイアログボックスが表示されたら、フォルダを見つけて選択して、 OK ボタン。

docテンプレートデフォルト保存場所4

ステップ4:2つをクリック OK ボタンをクリックして[ファイルの場所]ダイアログボックスと[Wordのオプション]ダイアログボックスを閉じます。


矢印青い右の泡関連記事:


Kutools for Excel-最高のOffice生産性向上ツールにより、生産性が80%向上

  • 再利用: すばやく挿入 複雑な数式、チャート そして、以前に使用したもの; セルを暗号化する パスワード付き メーリングリストの作成 そしてメールを送る...
  • スーパーフォーミュラバー (複数行のテキストや数式を簡単に編集する) レイアウトを読む (多数のセルを簡単に読んで編集できます)。 フィルター範囲に貼り付ける...
  • セル/行/列を結合 データを失うことなく; セルコンテンツの分割。 重複する行/列を結合する...重複セルの防止。 範囲の比較...
  • 重複または一意を選択します空白行を選択 (すべてのセルは空です)。 スーパー検索とファジー検索 多くのワークブックで。 ランダム選択
  • 完全コピー 式の参照を変更せずに複数のセル。 参照を自動作成 複数のシートに 箇条書きを挿入、チェックボックスなど
  • テキストを抽出、テキストの追加、位置による削除、 スペースを削除する; ページング小計の作成と印刷 セルのコンテンツとコメント間の変換...
  • スーパーフィルター (保存して他のシートにフィルタ方式を適用する)。 高度な並べ替え 月/週/日、頻度などによる。 特殊フィルター 太字、斜体で...
  • ワークブックとワークシートを組み合わせる; キー列に基づいて表をマージします。 データを複数のシートに分割する; xls、xlsx、およびPDFのバッチ変換...
  • 300を超える強力な機能。 Office / Excel 2007-2019および365をサポートします。 すべての言語をサポートします。 企業または組織に簡単に展開できます。 フル機能の60日間の無料トライアル。
KTEタブ201905

OfficeタブはOfficeにタブ付きインターフェイスを提供し、作業をより簡単にします

  • Word、Excel、PowerPointでタブ付き編集と読み取りを有効にする、出版社、アクセス、Visioおよびプロジェクト。
  • 新しいウィンドウではなく、同じウィンドウの新しいタブで複数のドキュメントを開いて作成します。
  • 生産性を50%向上させ、毎日数百回のマウスクリックを削減します。
オフィシタブ底
Say something here...
symbols left.
You are guest ( Sign Up? )
or post as a guest, but your post won't be published automatically.
Loading comment... The comment will be refreshed after 00:00.
  • To post as a guest, your comment is unpublished.
    Gilles · 1 years ago
    Please can you underline or place in bold "Microsoft Word" on the Step 1 line of : "Change The Default Save Location Of Excel 2007/2010’S Templates"

    Because it realy not natural to go in the options of Word to solve a problem of Excel; And the same menu exist on Excel so I had pass a little time to find where I'd made a mistake.

    But I say to you a good thanks for a tric I was looking for a long time ago in France and didn't found anything, so thanks agane.
    • To post as a guest, your comment is unpublished.
      Tang Kelly · 1 years ago
      Hi Gilles,
      If you are operating the second method, it does not need to open Microsoft Word at all. Just launch Microsoft Excel, and then click File > Options to open the Excel options dialog box, and then click Save in the left bar.