ヒント:他の言語はGoogle翻訳されています。 訪問することができます English このリンクのバージョン。
ログイン
x
or
x
x
登録
x

or

選択を個々のファイルとしてExcelに保存する方法は?

長いワークシートを処理する場合、異なるワークシートの選択肢を異なる人に送信するなど、ワークブック全体ではなく、選択した範囲のみを新しいExcelファイルとして保存することができます。 ワークシート内の選択を個々のExcelファイルとして保存する方法を紹介します。

選択したものをコピーして貼り付けて個々のExcelファイルとして保存

VBマクロを使用して選択を個々のExcelファイルとして保存

Kutools for Excelを使用して選択を個々のExcelファイルとして保存


矢印青い右の泡 選択したものをコピーして貼り付けて個々のファイルとして保存する

最も一般的な方法は、Excelで個々のファイルとして保存する選択内容をコピーし、新しいワークブックを作成してコピーした選択を貼り付けてから保存することです。

ただし、行の高さなど、コピーして貼り付けるときに選択範囲内でいくつかの書式スタイルが失われることがあります。


矢印青い右の泡 選択したものをVBマクロで個別のファイルとして保存する

マクロを使用すると、コピーして新しいブックに貼り付けることなく、選択を個々のファイルとして簡単に保存できます。

1。 押さえつける Alt + F11 キーを押して アプリケーション用Microsoft Visual Basic 窓。

2に設定します。 OK をクリックします。 インセット > Moudle次のコードをMoudleウィンドウに貼り付けます。

VBA:範囲をExcelファイルにエクスポートする

Sub ExportRangetoExcel()
'Update 20130916
Dim wb As Workbook
Dim saveFile As String
Dim WorkRng As Range
Dim address As String
Dim defult As Integer
On Error Resume Next
xTitleId = "KutoolsforExcel"
Set WorkRng = Application.Selection
Set WorkRng = Application.InputBox("Range", xTitleId, WorkRng.address, Type:=8)
Application.ScreenUpdating = False
Application.DisplayAlerts = False
defult = Application.SheetsInNewWorkbook
Application.SheetsInNewWorkbook = 1
Set wb = Application.Workbooks.Add
Application.SheetsInNewWorkbook = defult
WorkRng.Copy
wb.Worksheets(1).Paste
address = Replace(WorkRng.address, ":", "-")
address = Replace(address, "$", "")
address = Replace(address, ".", "")
saveFile = Application.GetSaveAsFilename(InitialFileName:=address, fileFilter:="Excel Workbooks (*.xlsx),*.xlsx")
wb.SaveAs Filename:=saveFile
wb.Close
Application.CutCopyMode = False
Application.DisplayAlerts = True
Application.ScreenUpdating = True
End Sub

3。 次に、 F5 キーを押して操作を実行すると、個々のExcelファイルとして保存する範囲を選択するよう促すプロンプトボックスが表示されます。 スクリーンショットを見る:

doc-save-selection-1

4。 次に、をクリックします OKこの新しいファイルを見つけるためのフォルダを指定してから、そのファイルの名前を 名前を付けて保存 ダイアログボックス、スクリーンショットを参照してください:

doc-save-selection-2

5。 そして、 保存 ボタンを押すと、選択した範囲が新しいExcelワークブックとして保存されます。

マクロの使用はMicrosoft Excelの初心者にとっては少し難しいかもしれませんが、Excel用のKutoolsで提供されるもうひとつの簡単で便利な方法を紹介します。


矢印青い右の泡 Kutools for Excelで選択内容を個別のファイルとして保存

Kutools for Excel's 範囲をファイルにエクスポート ツールを使用すると、選択を個別のファイルとして簡単に保存することができます。

Kutools for Excel 300以上の便利なExcelツールが含まれています。 自由に30日に制限なしで試してみてください。 今すぐ入手.

Excel用Kutoolsをインストールしている場合は、次のようにしてください:

1に設定します。 OK をクリックします。 大口プラン > インポート・エクスポート > 範囲をファイルにエクスポート、スクリーンショットを見る:

doc-save-selection-4

2。 の中に 範囲をファイルにエクスポート ダイアログボックスで doc-data-to-csv-6ボタンを押して個別のファイルとして保存する範囲を選択し、 Excelワークブック 内のオプション ファイル形式 最後に、必要に応じてブックのオプションを確認することができます。

doc-save-selection-5

3に設定します。 OK をクリックします。 OK、それは エクスポートされた範囲の名前と場所を選択する ダイアログボックスで、この新しいファイルの名前を入力し、保存先のフォルダを選択して、[OK]をクリックします。 保存 ボタン。

ノート:

1。 ザ 範囲をファイルにエクスポート Excel用Kutoolsのツールは、選択範囲内のすべての書式設定を保存できます。

2。 ExcelのKutools 範囲をファイルにエクスポート ツールを使用すると、Excelワークブック、CSV、単純なHTML、またはすべての書式設定HTMLのいずれかのファイルに日付の範囲を簡単にエクスポートすることができます。

3。 あなたがチェックしたら エクスポート後にファイルを開く ダイアログボックスのオプションを選択すると、新しいファイルは正常にエクスポートされた後に自動的に起動されます。

この機能の詳細については、をクリックしてください。 範囲をファイルにエクスポート.


矢印青い右の泡関連記事



推奨生産性ツール

Office Tab

金星1 Chrome、Firefox、新しいInternet Explorerと同様に、Excelやその他のOfficeソフトウェアに便利なタブを持たせる。

Kutools for Excel

金星1 素晴らしい! 5分で生産性を向上させます。 特別なスキルは必要ありません。毎日2時間節約できます!

金星1 300 Excelの新機能は、Excelを非常に簡単かつ強力にする:

  • データを失うことなくセル/行/列をマージします。
  • 複数のシートとブックを結合して統合する。
  • 範囲を比較し、複数の範囲をコピーし、テキストを日付、単位、通貨の変換に変換します。
  • 色数、ページング小計、高度なソートとスーパーフィルター、
  • 詳細選択/挿入/削除/テキスト/書式/リンク/コメント/ワークブック/ワークシートツール...

Kutools for Excelのスクリーンショット

Say something here...
symbols left.
You are guest ( Sign Up? )
or post as a guest, but your post won't be published automatically.
Loading comment... The comment will be refreshed after 00:00.
  • To post as a guest, your comment is unpublished.
    Medhavi · 1 years ago
    Hi,


    Liked the VBA option. Is there a way to retain formulas in new file? The data in new file is automatically pasted s 'values' and does not have the formulas.
  • To post as a guest, your comment is unpublished.
    Kanariya · 3 years ago
    Do you know how I can do this on a default custom template? I have a lot of data in one book/sheet that I have to save only a selection to a new file. Option 2 works great. But, I need to have some information on the top for each new file I make (Copying and pasting is very tedious so I am looking for a quicker and more effective option). So would it be possible to first use the file with lots of data and select certain cells to save ON the default custom template I made, specifically underneath the header of the default template (the template is integrated into Excel to automatically open when I open Excel). Please help, thanks!!
  • To post as a guest, your comment is unpublished.
    Yan · 4 years ago
    i have tried different things to make it copy+paste value, i dont know where i go wrong.

    How do i change the VBA: export range to Excel file to just copy paste value? TIA
  • To post as a guest, your comment is unpublished.
    D. Smith · 4 years ago
    This VB macro is great! However, I was wondering if there was a way to keep the source formatting when the selected range gets saved to a new workbook. Thanks!
  • To post as a guest, your comment is unpublished.
    Brett Murphy · 4 years ago
    Hi,

    I am use the above VB macro, and works great. The only thing is that the range i select has a results from a formula and when i open the text file i get #REF.
    Could you please help out.

    cheer
    • To post as a guest, your comment is unpublished.
      Hanan · 4 months ago
      Double click on #REF cell and will get it right