ヒント:他の言語はGoogle翻訳されています。 訪問することができます English このリンクのバージョン。
ログイン
x
or
x
x
登録
x

or

Outlookの受信者に基づいて署名を自動的に変更する方法

既定では、Outlookには、ユーザーが異なる電子メールアカウントを使用して電子メールを送信する際に自動的に署名を変更するための組み込み機能があります。 しかしそれを超えて、ここではOutlookのToフィールドの異なる受信者に基づいて自動的に署名を変更する方法を示します。

受信者に基づいた署名をVBAコードで自動的に変更する


常にOutlookのデフォルトのメールアカウントでメールに返信してください:

Outlookのデフォルトの電子メールアカウントで電子メールに返信したい場合は、 常にデフォルトアカウントで返信 のオプション Kutools for Outlook あなたに恵まれます。 スクリーンショットを見る:

Kutools for Outlook:40便利なOutlookアドイン以上で、45日以内に自由に試してみてください。 今すぐダウンロードして無料トライアル!


受信者に基づいた署名をVBAコードで自動的に変更する

Outlookで電子メールを送信する際に、対応する受信者に異なる署名を適用するには、以下の手順に従ってください。

1。 まず、Outlookの自動添付署名機能を無効にする必要があります。 クリックしてください フィレット > オプション を開く Outlookのオプション 窓。

2。 の中に Outlookのオプション ウィンドウ、選択 郵便物 左側のペインで 署名 ボタンの メッセージを作成する セクション。 スクリーンショットを見る:

3。 の中に 署名と文具 ダイアログボックスで デフォルトの署名を選択する セクションの下に 電子メールの署名 タブで、 メールアカウント ドロップダウンリストを選択し、 (なし) から 新しいメッセージ および 返信/転送 ドロップダウンリスト。 すべての電子メールアカウントがに設定されるまで、これらの手順を繰り返します (なし)。 次に、 OK ボタン。

:これで必要な署名を作成することもできます 署名と文具 ダイアログボックス。

4。 クリック OK ボタンを押すと Outlookのオプション 窓。

5。 プレス 他の + F11 キーを押して アプリケーション用Microsoft Visual Basic 窓。

6。 の中に アプリケーション用Microsoft Visual Basic ウィンドウ、ダブルクリック ThisOutlookSession 左側のペインでコードウィンドウを開き、VBAコードの下にあるコピーをウィンドウに開きます。 スクリーンショットを見る:

VBAコード:Outlookの受信者に基づいて署名を自動的に変更する

Private Sub Application_ItemSend(ByVal Item As Object, Cancel As Boolean)
'Updated by ExtendOffice 20180814
Dim xMailItem As MailItem
Dim xRecipients As Recipients
Dim xRecipient As Recipient
Dim xRcpAddress As String
Dim xSignatureFile, xSignaturePath As String
Dim xFSO As Scripting.FileSystemObject
Dim xTextStream As Scripting.TextStream
Dim xSignature As String
On Error Resume Next
Set xFSO = New Scripting.FileSystemObject
If Item.Class = olMail Then
    Set xMailItem = Item
    Set xRecipients = xMailItem.Recipients
End If
xSignaturePath = CreateObject("WScript.Shell").SpecialFolders(5) + "\Microsoft\Signatures\"
If xRecipients.Count = 1 Then
    Set xRecipient = xRecipients.Item(1)
    xRcpAddress = xRecipient.Address
    Select Case xRcpAddress
        Case "Email Address 1"
            xSignatureFile = xSignaturePath & "aaa.htm"
        Case "Email Address 2", "Email Address 3"
            xSignatureFile = xSignaturePath & "bbb.htm"
        Case "Email Address 4"
            xSignatureFile = xSignaturePath & "ccc.htm"
    End Select
End If
Set xTextStream = xFSO.OpenTextFile(xSignatureFile)
xSignature = xTextStream.ReadAll
xMailItem.HTMLBody = xMailItem.HTMLBody & "<HTML><BODY><br>" & xSignature & "</br></HTML></BODY>"
End Sub

ノート:

1。 VBAコードでは、電子メールアドレス1 / 2 / 3 / 4受信者の特定の電子メールアドレスを入力します。

2。 "aaa.htm""bbb.htm"と"ccc.htm"は、対応する受信者に送信する指定の署名です。

3。 この場合、署名 "単4"は"電子メールアドレス1"、署名"BBB"は"電子メールアドレス2"と"電子メールアドレス3:「機密情報」、および "電子メールアドレス4"署名付きの電子メールを受信します"CCC" 必要に応じて変更してください。

7。 次に、をクリックします ツール > リファレンス に移動します 参考資料 - プロジェクト ダイアログボックス。 ダイアログで、確認してください Microsoft Scripting Runtime オプションをクリックし、次にクリックします。 OK ボタン、スクリーンショットを参照してください:

8。 プレス 他の + Q キーを閉じる アプリケーション用Microsoft Visual Basic 窓。

これからは、電子メールを作成して送信ボタンを押すと、Toフィールドに受信者の電子メールアドレスに基づいて、対応する署名が電子メール本文の末尾に自動的に挿入されます。

Outlookで新しいメールを作成/返信/転送する際に、メール本文にタイムスタンプを署名として挿入する場合は、 新規作成、返信、転送メール作成時に日付署名を追加 のオプション Kutools for Outlook それを達成する。 スクリーンショットを見る:

Kutools for Outlook:40便利なOutlookアドイン以上で、45日以内に自由に試してみてください。 今すぐダウンロードして無料トライアル!



Kutools for Outlook

Outlook用100拡張機能2010、2013、2016、2019、および365

バナー201812のための小さい見通しのためのスクリーンショットkutools

その他の機能 | 無料ダウンロード | 何百もの関数に対して$ 39.00のみ

Say something here...
symbols left.
You are guest ( Sign Up? )
or post as a guest, but your post won't be published automatically.
Loading comment... The comment will be refreshed after 00:00.

Be the first to comment.