クッキーは、私たちは私たちのサービスを提供するのに役立ちます。 当社のサービスを使用することで、クッキーの我々の使用に同意するものとします。
ヒント:他の言語はGoogle翻訳されています。 訪問することができます English このリンクのバージョン。
ログイン
x
or
x
x
登録
x

or

特定の(エクセル)添付ファイルのみをOutlookに保存するにはどうすればよいですか?

Outlookには、すべての添付ファイルを一度に特定のフォルダに迅速に保存するためのすべての添付ファイルの保存機能があります。 ただし、Excel添付ファイルやWord文書など特定のタイプの添付ファイルのみを電子メールに保存する場合は、それを達成するために何ができますか? ここでは、問題を解決するためのVBAメソッドを提供します。

特定の添付ファイルのみをOutlookに保存する


選択した複数の電子メールのすべての添付ファイルをフォルダに簡単に保存:

とともに すべての添付ファイルを切り離す の有用性 Kutools for Excel以下のスクリーンショットに示すように、複数の選択された電子メールからのすべての添付ファイルをOutlookの指定されたフォルダに簡単に保存できます。

Kutools for Outlook:40便利なOutlookアドイン以上で、45日以内に自由に試してみてください。 今すぐダウンロードして無料トライアル!

Kutools for Outlook: 100 +新しい高度なツール Outlook用。
Office Tab: Officeでのタブ付き編集とブラウズを有効にする、ちょうどChrome、Firefox、IE 8 / 9 / 10のように。
クラシックメニュー: 古いメニューとツールバーを元に戻す Office 2007、2010、2013、2016、および2019に送信します。

特定の添付ファイルのみをOutlookに保存する

以下のVBAコードは、特定の添付ファイルのみをメールに保存したり、複数のメールを特定のフォルダに保存したりするのに役立ちます。 以下のようにしてください。

1。 Outlookを起動し、メーリングリストで特定の添付ファイルを保存する電子メールまたは複数の電子メールを選択します。

2。 プレス 他の + F11 キーを押して アプリケーション用Microsoft Visual Basic 窓。 開始ウィンドウで、をクリックします。 インセット > モジュールVBAコードの下にモジュールウィンドウにコピーします。

VBAコード:特定の添付ファイルのみをメールに保存するか、複数のメールをフォルダに保存する

Public Sub SaveSpecifyAttachments()
'Updated by ExtendOffice 20181130
Dim xItem As Object, xFldObj As Object
Dim xSelection As Selection
Dim xAttachment As Outlook.Attachment
Dim xSaveFolder As String
Dim xFSO As Scripting.FileSystemObject
Dim xFilePath, xFilesSavePath As String
Dim xExtStr As String, xExt As String
Dim xExtArr() As String, xS As Variant
On Error Resume Next
Set xFldObj = CreateObject("Shell.Application").BrowseforFolder(0, "Select a Folder", 0, 16)
Set xFSO = New Scripting.FileSystemObject
If xFldObj Is Nothing Then Exit Sub
xSaveFolder = xFldObj.Items.Item.Path & "\"
Set xSelection = Outlook.Application.ActiveExplorer.Selection
xExtStr = InputBox("Attachment Format:" + VBA.vbCrLf + "(Please separate multiple file extensions by comma.. Such as: .docx,.xlsx)", "Kutools for Outlook", xExtStr)
If Len(Trim(xExtStr)) = 0 Then Exit Sub
For Each xItem In xSelection
    If xItem.Class = olMail Then
        xFilesSavePath = ""
        For Each xAttachment In xItem.Attachments
            xFilePath = xSaveFolder & xAttachment.FileName
            xExt = "." & xFSO.GetExtensionName(xFilePath)
            xExtArr = VBA.Split(xExtStr, ",")
            xS = VBA.Filter(xExtArr, xExt)
            If UBound(xS) > -1 Then
                xAttachment.SaveAsFile xFilePath
                If xItem.BodyFormat <> olFormatHTML Then
                    xFilesSavePath = xFilesSavePath & vbCrLf & "<file://" & xFilePath & ">"
                Else
                    xFilesSavePath = xFilesSavePath & "<br>" & "<a href='file://" & xFilePath & "'>" & xFilePath & "</a>"
                End If
            End If
        Next
        If xItem.BodyFormat <> olFormatHTML Then
            xItem.Body = vbCrLf & "The file(s) were saved to " & xFilesSavePath & vbCrLf & xItem.Body
        Else
            xItem.HTMLBody = "<p>" & "The file(s) were saved to " & xFilesSavePath & "</p>" & xItem.HTMLBody
        End If
        xItem.Save
    End If
Next
Set xFSO = Nothing
End Sub

3。 クリック ツール > リファレンス、で 参考資料 - プロジェクト ダイアログで Microsoft Scripting Runtime ボックスをクリックして OK ボタン。

4。 プレス F5 コードを実行するキー。 ポップアウトで フォルダを参照 ダイアログボックスで、添付ファイルを保存するフォルダを1つ選択します。

5。 そして、 OK、 以下では Kutools for Outlook ダイアログボックスで、テキストボックスに保存する添付ファイルのファイル拡張子を入力し、をクリックします OK.

指定した添付ファイルのみが保存されます。

ノート:

1。 別の種類の添付ファイルを保存する場合は、ファイル拡張子をテキストボックスに入力し、コンマで区切ってください。

2。 保存後、添付ファイルの保存パスがメッセージ本文に表示されます。 ハイパーリンクを直接クリックして添付ファイルを開くことができます。


関連記事:



Kutools for Outlook

Outlook用100拡張機能2010、2013、2016、2019、および365

バナー201812のための小さい見通しのためのスクリーンショットkutools

その他の機能 | 無料ダウンロード | 何百もの関数に対して$ 39.00のみ

Say something here...
symbols left.
You are guest ( Sign Up? )
or post as a guest, but your post won't be published automatically.
Loading comment... The comment will be refreshed after 00:00.

Be the first to comment.