クッキーは、私たちは私たちのサービスを提供するのに役立ちます。 当社のサービスを使用することで、クッキーの我々の使用に同意するものとします。
ヒント:他の言語はGoogle翻訳されています。 訪問することができます English このリンクのバージョン。
ログイン
x
or
x
x
登録
x

or

Word文書のすべてのテキストボックスでフォントとフォントサイズを変更する方法

この資料では、現在のドキュメントのテキストボックスまたは指定したフォルダのドキュメントのフォントとフォントサイズを変更する方法について説明します。 この記事のVBAメソッドを試してください。

現在のドキュメントのテキストボックスでフォントとフォントサイズを変更する

フォルダ内のすべての文書のテキストボックスでフォントとフォントサイズを変更する


現在のドキュメントのテキストボックスでフォントとフォントサイズを変更する

テキストボックスの場合は、現在のドキュメントのフォントとフォントサイズを変更します。問題を解決するには、以下のVBAコードを適用してください。

1。 プレス 他の + F11 キーを押して アプリケーション用Microsoft Visual Basic 窓。

2。 の中に アプリケーション用Microsoft Visual Basic ウィンドウ、クリック インセット > モジュール次のコードをModuleウィンドウにコピーします。

VBAコード:現在のドキュメントのすべてのテキストボックスでフォントとフォントサイズを変更する

Sub FormatTextsInTextBoxes()
'Updated by ExtendOffice 20181128
    Dim I As Long
    Dim xShape As Shape
    Dim xDoc As Document
    Set xDoc = ActiveDocument
    On Error Resume Next
    For Each xShape In xDoc.Shapes
        xShape.Select
        If xShape.GroupItems Is Nothing Then
            With xShape.TextFrame.TextRange.Font
                .Name = "Arial"
                .Size = 20
            End With
            GoTo LblExit
        End If
        For I = 1 To xShape.GroupItems.Count
            With xShape.GroupItems(I).TextFrame.TextRange.Font
                .Name = "Arial"
                .Size = 20
            End With
        Next
LblExit:
    Next
End Sub

:コードでは、MS Pゴシック"と"20私の場合は指定されたフォントとフォントサイズです。 自分のニーズに合わせて変更することができます。

3。 プレス F5 コードを実行するキー。 次に、テキストボックス内のすべてのテキストのフォントとフォントサイズが、指定されたフォントとフォントサイズに変更されます。 スクリーンショットを見る:


フォルダ内のすべての文書のすべてのテキストボックスでフォントとフォントサイズを変更する

複数のWord文書のテキストボックスのフォントとフォントサイズを一括して変更するには、以下のVBAコードを適用する必要があります。

1。 同じフォルダーの下でフォントとフォントサイズを変更するテキストボックスを含むすべての対象文書を収集してください。

2。 Word文書を開くときに、 他の + F11 キーを押して アプリケーション用Microsoft Visual Basic 窓。

3。 の中に アプリケーション用Microsoft Visual Basic ウィンドウ、クリック インセット > モジュール次のコードをModuleウィンドウにコピーします。

VBAコード:複数の文書のテキストボックスでフォントとフォントサイズを変更する

Sub FormatTextsInTextBoxesInMultiDoc()
'Updated by ExtendOffice 20181128
    Dim I As Long
    Dim xShape As Shape
    Dim xDlg As FileDialog
    Dim xFolder As Variant
    Dim xFileStr As String
    On Error Resume Next
    Set xDlg = Application.FileDialog(msoFileDialogFolderPicker)
    If xDlg.Show = -1 Then
        xFolder = xDlg.SelectedItems(1) + "\"
        xFileStr = Dir(xFolder & "*.doc", vbNormal)
        While xFileStr <> ""
            Documents.Open xFolder & xFileStr
            For Each xShape In ActiveDocument.Shapes
                xShape.Select
                If xShape.GroupItems Is Nothing Then
                    With xShape.TextFrame.TextRange.Font
                        .Name = "Arial"
                        .Size = 20
                    End With
                    GoTo LblExit
                End If
                For I = 1 To xShape.GroupItems.Count
                    With xShape.GroupItems(I).TextFrame.TextRange.Font
                        .Name = "Arial"
                        .Size = 20
                    End With
                Next
LblExit:
            Next
            ActiveDocument.Save
            ActiveDocument.Close
            xFileStr = Dir()
       Wend
    End If
End Sub

4。 プレス F5 コードを実行するキー。 オープニング ブラウズ ウィンドウを開き、フォルダを選択し(テキストボックス内のフォントとフォントサイズを変更するドキュメントを含む)、 OK ボタン。

次に、選択されたフォルダ内の文書のすべてのテキストボックスのフォントとフォントサイズが、指定されたフォントとフォントサイズに変更されます。



Kutools for Word

Word 100、2003、2007、2010、2013、2016のための2019高度な関数以上

ショット - クツール -  700-225-kte

その他の機能 | 無料ダウンロード | 何百もの関数に対して$ 39.00のみ

Say something here...
symbols left.
You are guest ( Sign Up? )
or post as a guest, but your post won't be published automatically.
Loading comment... The comment will be refreshed after 00:00.

Be the first to comment.