ヒント:他の言語はGoogle翻訳されています。 訪問することができます English このリンクのバージョン。
ログイン
x
or
x
x
会員登録
x

or

Excel IFS function

私たちは皆知っているように、複数の条件が満たされているかどうかをテストするためにNested IF関数を使うことができます。 しかし、ここでは、IFS関数はNested IF関数よりもはるかに使いやすいです。 IFS関数は、複数の条件をテストし、最初のTRUE結果に対応する値を返すために使用されます。指定された条件がどれもTRUEに評価されない場合、この関数は#N / Aエラーを返します。

doc ifs関数1


構文:

ExcelのIFS関数の構文は次のとおりです。

=IFS( logical_test1, value_if_true1, [logical_test2, value_if_true2],... )

引数:

  • logical_test1:必須です。 TRUEまたはFALSEに評価される条件。
  • value_if_true1:必須です。 logical_test1がTRUEの場合に結果を返します。 空でもかまいません。
  • logical_test2:オプションです。 TRUEまたはFALSEに評価される2番目の条件。
  • value_if_true2:オプションです。 logical_test2がTRUEの場合、2番目の結果を返します。 空でもかまいません。

ノート:

  • 1 このIFS機能を使用すると、最大127個の条件を入力できます。 そしてそれはExcel 2019、Office 365に適用されます。 Excel 2019より前のすべてのバージョンはこの機能をサポートしていません。
  • 2 TRUEと評価された論理テストがない場合は、#N / Aエラーが返されます。
  • 3 指定されたlogical_testがTRUEまたはFALSE以外の値を返すと、#VALUEエラー値が発生します。

戻る:

複数の条件をテストして、対応する値を最初のTRUEの結果で返します。


例:

例1:スコアに基づいてグレードを識別するためにIFS機能を使用する

次のスクリーンショットのように、各生徒の成績をスコアに基づいて割り当てます。

doc ifs関数2

以下の計算式を適用してください。グレードは次のように分類されます。0-60:グレードF; 60-70:グレードD。 70-80:グレードC。 80-90:グレードB。 90以上:グレードA

=IFS(B2<60,"F",B2<70,"D",B2<80,"C",B2<90,"B",B2>=90,"A")

doc ifs関数3

注:セル参照を使用して、次のように静的番号を置き換えることもできます。

=IFS(B2<$E$3,$F$2,B2<$E$4,$F$3,B2<$E$5,$F$4,B2<$E$6,$F$5,B2>=$E$6,$F$6)

doc ifs関数4


例2:売上に基づいて手数料を計算するためにIFS関数を使用する

IFS機能を使用すると、さまざまなコミッションレートと各月の累積売上合計に基づいてコミッション金額を計算できます。

次のスクリーンショットに示すように、すべてのセールスマンの総売上高と手数料率のテーブルがあるとします。Excelのさまざまな手数料率に基づいて手数料を計算するにはどうすればよいでしょうか。

doc ifs関数5

次の公式は各販売員のためのコミッション値を与えることができます、これを使ってください:

=IFS(B2<$E$3,$F$2,B2<$E$4,$F$3,B2<$E$5,$F$4,B2>$E$5,$F$5)*B2

つまり、

  • 売上合計が0-40000の場合は、commission = sales * 0となります。
  • 売上合計が40000-80000の場合、手数料=売上* 2%。
  • 売上合計が80000-100000の場合、手数料=売上* 3.5%。
  • 売上合計が100000以上の場合、手数料=売上* 7%。

doc ifs関数6


ヒント注:どの条件もTRUEと評価されない場合、IFS関数は#N / Aエラーを受け取ります。 #N / Aエラーを別の意味のある値に置き換えたい場合は、IFS機能の最後にELSE条件を追加してください。

通常は、IFS関数を使用してください。

=IFS(B2="Apple","Fruit", B2="Orange","Fruit", B2="Potato","Veg",B2="Steak","Meat", B2="Chicken","Meat")

doc ifs関数7

ELSE条件でIFS機能を使用します。

=IFS(B2="Apple","Fruit", B2="Orange","Fruit", B2="Potato","Veg",B2="Steak","Meat", B2="Chicken","Meat", "TRUE","Others")

上記の式で、IFS関数内のどの条件もTRUEと評価されない場合、最終条件 "TRUE"、 "Others"を追加すると、値 "Others"が返されます。

doc ifs関数8


Excel生産性向上ツール

Excelのリボン(Kutools for Excelがインストールされている場合)

300の高度な機能は、群衆から目立つようにあなたを助けます

あなたはあなたの毎日の仕事を早くそして完璧に終わらせたいですか? Kutools for Excel 300の強力な高度な機能(ワークブックの結合、色による合計、セルの内容の分割、日付の変換など)をもたらし、80%時間を節約します。

  • 1500作業シナリオ用に設計されており、80%Excelの問題を解決するのに役立ちます。
  • 毎日何千ものキーボードやマウスのクリックを減らし、疲れた目や手を和らげます。
  • 3でExcelのエキスパートになりましょう。 痛みを伴う式やVBAコードを覚えておく必要はもうありません。
  • 30日無制限無料トライアル。 60日返金保証 2年間の無料アップグレードとサポート。

Excelのスクリーンショット(Officeタブがインストールされている場合)

Chrome、Firefox、そして新しいIEのように、効率的なタブをOffice(Excelを含む)に提供

  • Office Tab 複数の文書を表示および編集するときの生産性が50%向上します。
  • 毎日あなたのために何百ものマウスクリックを減らしなさい、マウスの手にさよならを言う。
  • 何十もの開いている文書を切り替えるのに1秒!
Say something here...
symbols left.
You are guest ( Sign Up? )
or post as a guest, but your post won't be published automatically.
Loading comment... The comment will be refreshed after 00:00.

Be the first to comment.