ヒント:他の言語はGoogle翻訳されています。 訪問することができます English このリンクのバージョン。
ログイン
x
or
x
x
LPI ID 登録
x

or

ナビゲーションペイン - シート、ワークブック、列、名前をリストし、Excelでオートテキストを挿入

何十ものワークシートを含む複数の開かれたワークブックがある場合、ワークブックを切り替えて特定のワークシートを見つけるには多くの時間がかかります。 の助けを借りて Kutools for Excel's ナビゲーションペイン ユーティリティを使用すると、開いているすべてのワークブックとワークシートをナビゲーションペインですばやく便利に表示できます。 一方、アクティブなワークブックの範囲名およびアクティブなワークシートの列タイトルもペインに一覧表示できます。 同時に、 ナビゲーションペイン は、大阪で 自動テキスト あなたのカスタム数式、写真、図表、範囲などを再利用のために追加する機能 高度な検索と置換 複数のワークシートやワークブックの値を検索して置換する機能。

OfficeタブOfficeでタブ付き編集とブラウジングを有効にし、作業をより簡単にします...
Kutools for Excelは、ほとんどの問題を解決し、生産性を80%向上させます
  • 何でも再利用: 最も使用されている式や複雑な式、チャート、その他をお気に入りに追加し、将来的にすぐに再利用できます。
  • 20以上のテキスト機能: テキスト文字列から数値を抽出します。 テキストの一部を抽出または削除します。 数字と通貨を英語の単語に変換します。
  • マージツール:複数のワークブックとシートを1つに; データを失うことなく複数のセル/行/列を結合します。 重複する行と合計をマージします。
  • 分割ツール:値に基づいてデータを複数のシートに分割します。 1つのワークブックから複数のExcel、PDF、またはCSVファイル。 1列から複数列。
  • 貼り付けスキップ 非表示/フィルターされた行。 カウントアンドサム 背景色別; パーソナライズされた電子メールを一括して複数の受信者に送信します。
  • スーパーフィルター: 高度なフィルタースキームを作成し、任意のシートに適用します。 ソート 週、日、頻度などにより; フィルタ 太字、式、コメントで...
  • 300の強力な機能以上。 Office 2007-2019および365で動作します。 すべての言語をサポートしています。 企業または組織に簡単に展開できます。

Excelナビゲーションペインが役立つものを参照してください。

  • 開いているすべてのブックを一覧表示する:すばやくクリックすると、開いているすべてのブックをナビゲートできます (詳細はこちら);
  • すべてのワークシートをリストする:シートタブ間をナビゲートするのに10倍の速さ (詳細はこちら);
  • ワンクリックで再利用するための自動テキスト入力として、カスタム数式/画像/グラフ/範囲を保存して一覧表示する (詳細はこちら);
  • 複数のワークシートと複数のワークブックの値の検索と置換詳細はこちら);
  • すべての列を一覧表示する(アクティブワークシート内):列文字をクリックすると、アクティブワークシート内の特定の列にすばやく移動できます。 (詳細はこちら);
  • すべての名前を一覧表示する(アクティブブック内):名前をクリックすると、名前の正確な位置にナビゲートされます (詳細はこちら);
  • ワークシートの番号をリストする:現在のワークブックのすべてのシート、可視シートおよび隠れシートの番号のステータスバーの追加 (詳細はこちら);
  • トグルボタン:非表示のシート/列をすべて表示/非表示に切り替える。
  • [ブックとシート]ペインに非表示のワークシートを表示します。
  • ネームマネージャーペインに非表示の名前の範囲を表示します。
  • ペインまたはフローティングプレビューペインでオートテキストエントリをプレビューします。
  • [検索と置換]ペインにショートカットを適用する (詳細はこちら)
  • 最新の2枚のシートを切り替えます。ボタン:2枚のシートを前後に切り替えます。
  • 更新ボタン:ナビゲーションペインのすべての情報を更新します。
  • スクロールバー:リストを上から下にスクロールさせることができます。 あなたがウェブページをブラウズするのと同じように。
  • Excelのシートタブを使用して複数のシートを切り替えると、ナビゲーションペインでそのシートの特定の位置に留まることもできます。
  • ペインで対応する項目をクリックすると、1つのシート(ブック、列または名前の範囲)から別のシートに簡単にジャンプできます。
  • 作業するワークシート(列)が多いほど、ナビゲーションペインを使用すると処理が高速になります。

ナビゲーションヘッダーの クツール >> ナビゲーション を有効にする ナビゲーションペイン、スクリーンショットを見る:


[ワークブックとシート]タブ:開いているすべてのワークブックとそのワークシートを一覧表示する

「ワークブックとシート」タブを使用すると、ワークブックとワークシートの間をすばやく移動できます。

ナビゲーションペインは次のように使用できます。

1に設定します。 OK をクリックします。 ナビゲーション オン クツール 有効にするタブ ナビゲーションペイン、もう一度クリックすると ナビゲーションペイン.

2に設定します。 OK をクリックします。 ボタンをクリックして ワークブック&シート ペイン。

3。 開いているすべてのワークブックがここに表示されます。開いているすべてのワークブックをクリックして移動します。 あなたはクリックすることができます 必要に応じてブックを閉じるためのボタン。

4。 開いているワークブックのリストの上にあるボタン:

  • ワークブックを昇順で並べ替える:このボタンを押すと、すべての開いているブックを昇順にソートし、もう一度押すと元のソート順に戻ります。
  • ブックを降順で並べ替える:このボタンを押すと、開いているすべてのワークブックが降順に並べ替えられ、もう一度押すと元の並べ替え順序に戻ります。
  • ワークブックツール:クリックしてユーティリティにすばやくアクセスします ワークブック グループを Kutools Plus をクリックします。
  • リフレッシュ:ナビゲーションペインの情報が更新されます。

5。 現在のワークブックのすべてのワークシートがここにリストされています。クリックしてワークシート間を移動します。

6。 ワークシートのリストの上にあるボタン:

  • 非表示のワークシートをすべて表示/非表示に切り替えます:1回クリックすると、隠れているすべてのワークシートが表示されるように切り替わり、もう一度クリックすると、表示されているすべてのワークシートが非表示になります。
  • ワークシートペインに非表示のシートを表示する:1回クリックすると、非表示のすべてのワークシートが[ワークシート]ペインに表示されるように切り替わり、もう一度クリックすると、これらのワークシートがワークシートのリストから非表示になります。
  • ワークシートペインにワークシートの保護状態を表示します:ワンクリックですべての保護されたワークシートにマークが付けられ、もう一度クリックすると保護ステータスが非表示になります。
  • シートツール:クリックしてユーティリティにすばやくアクセスします ワークシート グループを Kutools Plus をクリックします。
  • 2つの最新のシートを切り替えるボタン:2枚のシートを前後に切り替える。

7。 ワークシートを除外するには、 フィルタ 必要に応じてシート名を入力します。

8。 ワークシート名を右クリックすると、ワークシートのコンテキストメニューが表示されます。

9. :Kutoolsペインのステータスバーにすべてのワークシート、表示シート、非表示シートの総数を表示します。


自動テキストタブ:再利用のためにカスタム式、写真、チャートなどを保存する

クリックした後 クツール > ナビゲーション を有効にする ナビゲーションペイン、次のことができます。

1に設定します。 OK をクリックします。 ボタンをクリックして 自動テキスト ペイン。

2。 自動テキストのグループ名はここにリストされています。新しいグループを作成し、使用しないグループを削除することができます。

3。 グループのリストの上にあるボタン:

  • グループを追加します:クリックして、新しい定型句グループを追加します。
  • 現在の定型句グループの名前を変更する:自動テキストの選択したグループ名を変更します。
  • リフレッシュ:自動テキストペインの情報を更新します。

4。 選択したグループのすべての自動テキスト入力がここに表示されます。

5。 定型句エントリのリストの上にあるボタン:

  • 選択したコンテンツを定型句に追加:このボタンをクリックして、カスタム自動テキストを追加します。
  • 定型句リストにプレビューを表示:クリックすると、定型句ペインにカスタム定型句エントリが表示されます。
  • 定型句エントリのフローティングプレビューを表示する:クリックして有効にし、オートテキストにカーソルを合わせると、フローティングプレビューが表示され、より明確に表示されます。

6。 有効にすると、定型句を除外できます。 フィルタ チェックボックスをオンにして、必要に応じて定型句のエントリ名を入力します。

詳細について知るには 自動テキスト 関数、この記事をお読みください: Excelでの自動テキスト入力の簡単な作成と挿入.


[名前マネージャ]タブ:現在のワークブックのすべての範囲名を一覧表示し、編集可能にする

これに 名前管理者 このペインには、アクティブなワークブックのすべての範囲名が一覧表示され、新しい名前範囲の作成、名前付き範囲の編集、名前範囲の削除などの操作を実行できます。

クリックした後 クツール > ナビゲーション を有効にする ナビゲーションペイン、次のことができます。

1に設定します。 OK をクリックします。 ボタンを押して 名前管理者 ペイン。

2。 アクティブなワークブック内のすべての範囲名がここに表示されます。クリックすると、名前間を移動できます。

3。 このペインのボタン:

  • 選択肢から名前を作成する:これにより、行または列のラベルに基づいて複数の範囲名をすばやく作成できます。
  • 新しい名前:必要に応じて新しい範囲名を追加するには、このボタンをクリックします。
  • 名前の編集:これで 名前の編集 ボックスで、選択した範囲名の名前を変更したり、範囲名のセル参照を変更したりできます。
  • 名前を削除:選択した範囲名を必要に応じて削除します。
  • 名前管理者:このボタンをクリックすると、 名前管理者 ダイアログボックス。
  • 隠し名前を表示する:ボタンを押すと、非表示の名前が表示され、ボタンがバウンスすると再び非表示になります。
  • リフレッシュ:名前範囲の情報を更新します。

4。 特定の範囲名を除外するには、 フィルタ 機能し、必要な範囲名を入力します。

5。この内 名前の編集 セクションで、選択した範囲名を 氏名 ボックスを必要に応じて変更し、 参照先 テキストボックス。 そしてクリック ボタンをクリックして変更をキャンセルし、をクリックします。 ボタンをクリックして変更を保存します。

ここでは、 選択肢から名前を作成する ネームマネージャーパネルの機能を使用します。

既存の行と列のラベルがワークシートにすでにあると仮定し、これらのラベルに基づいて範囲名を作成する場合は、 選択肢から名前を作成する 複数の範囲名をすばやく簡単に作成するのに役立ちます。

範囲名を作成する範囲を選択し、名前マネージャペインでをクリックしてください 上のリボンのボタン、および 選択から名前を作成する ダイアログボックスで、使用するオプションを確認してください。スクリーンショットを参照してください:

そして、 OK このダイアログを閉じるには、範囲名が行と列のラベルに基づいて作成されています。 名前管理者 ペイン、スクリーンショットを参照してください:


列リストタブ:現在のワークシートの列名とタイトルを一覧表示する

滞在期間の長さによって発生する 列リスト ナビゲーションペインのペインには、現在のワークシートの列名とタイトルを一覧表示できます。

クリックした後 クツール > ナビゲーション を有効にする ナビゲーションペイン、次のことができます。

1. 列リストタブ:このボタンをクリックして列リストペインを有効にします。

2。 現在のワークシートのすべての列タイトルをここにリストし、列リストをクリックして列間を移動します。

3。 このペインのボタン:

  • :矢印のグループは、列を任意の位置に上下に移動するのに役立ちます。
  • すべての非表示の列を表示/非表示に切り替える:1回クリックするとすべての非表示列が表示され、もう一度クリックすると表示されていない列が非表示になります。
  • リフレッシュ:列リストペインの情報が更新されます。

4。 選択した範囲内の特定の列をリストします。

5。 をクリックして列を除外できます。 フィルタ チェックボックスをオンにし、必要に応じて列名を入力します。


高度な検索と置換タブ:複数のワークシートとワークブックの値の検索と置換

クリックした後 クツール > ナビゲーション を有効にする ナビゲーションペイン、次のことができます。

1. 高度な検索と置換タブ:このボタンをクリックして、高度な検索と置換ペインを有効にします。

2。 間を切り替える 見つけます タブと 交換します をクリックします。

3。 必要に応じて、検索キーワードを入力します(必要に応じてテキストに置き換えます)。

4。 検索範囲または置換範囲を指定します。すべてのワークブック、アクティブなワークブック、選択したシート、アクティブなシート、および選択。

5。 開いているワークブックをすべて選択するか、選択を解除します。

6. すべて検索:このボタンをクリックして、指定した検索範囲内の特定の値を検索します。

7. 削除:すべての検索結果をクリアします。

8。 検索結果または置換結果はここにリストされています。

9に設定します。 OK をクリックします。 ワークスペースの高度な検索と置換ペインをフロートして、クリックします 検索フィールドを折りたたみます。

この機能の詳細を知るには、 高度な検索と置換 ユーティリティ。


ノート:

1。 自動的に開くのを停止 ナビゲーションペイン クリックしてExcelを起動すると クツール > ナビゲーション.

2. ナビゲーションウィンドウを展開、最小化、または固定する

ナビゲーションペインをアクティブにすると、ナビゲーションペインが正常に表示されます。 今、あなたはクリックすることができます ナビゲーションペインを最小化するボタン。 ナビゲーションペインが最小化されたら、 ボタンをクリックして展開し、 それを固定するボタン。

3。 の中に ナビゲーションオプション以下の操作を設定することができます。

大きな地図は ナビゲーションオプション に行くボタン ナビゲーションオプション ダイアログ、スクリーンショットを参照してください:

(1。)ワークシートの数を表示:

あなたがチェックした場合 シートリストにシート数を表示する ワークシート、可視ワークシート、および非表示ワークシートの合計数がステータスバーに表示されます。 スクリーンショットを見る:

(2。)ショートカットキー(Win + Shift + A)を使って最後の2枚のシートを切り替える:

すぐに Win + Shift + A チェックすると最後の2枚を切り替えるショートカットキー 最後の2枚のシートを切り替えるためにWin + Shift + Aを使う オプション、スクリーンショットを参照してください:

(3。)自動テキスト入力のプレビューの設定:

あなたがチェックした場合 テキストタイプの自動テキストをプレビューするときに大きなフォントを使用する オプションでは、定型句のすべてのテキストタイプが大きなフォントでプレビューされます。 スクリーンショットを参照してください。

(4。)名前マネージャの設定:

ネームマネージャでのネームエディタの表示:このオプションをチェックすると、名前エディタが名前マネージャペインに表示されます。それ以外の場合は非表示になります。

(5。)[検索と置換]ペインにショートカットを適用します。

あなたは 高度な検索と置換 の機能 Kutools for Excel ショートカットで Ctrlキー + F or Win + Shift + Q その ナビゲーションペイン。 スクリーンショットを見る:

あなたはデフォルトの検索範囲を指定することができます 高度な検索と置換 の機能 Kutoolsナビゲーションペイン。 スクリーンショットを見る:


デモ:ナビゲーションペイン:開いているすべてのワークブックとそのワークシート、範囲名を一度に一覧表示する:

Kutools for Excel:300を超える便利な機能を備えており、30日以内に無料で試用できます。 今すぐダウンロードして無料トライアル!

生産性ツール推奨
次のツールは時間とお金を大幅に節約することができます。
Office Tab: オフィスで便利なタブを使用するChrome、Firefox、新しいInternet Explorerのように。
Kutools for Excel: Excel用の300拡張機能以上 2019、2016、2013、2010、2007、およびOffice 365が含まれます。
Classic Menu for Office: 使い慣れたメニューをOfficeに戻す 2007、2010、2013、2016、2019、365のように、Office 2000と2003のように。

Kutools for Excel

上記の機能はExcel用のKutoolsの300強力な機能の1つに過ぎません。

Excel(Office)2019、2016、2013、2010、2007、Office 365向けに設計されています。 60日間無料でダウンロードして使用できます。

Kutools for Excelのスクリーンショット

btnもっと読む btnダウンロード btn購入

Say something here...
symbols left.
You are guest ( Sign Up? )
or post as a guest, but your post won't be published automatically.
Loading comment... The comment will be refreshed after 00:00.
  • To post as a guest, your comment is unpublished.
    inetguru · 2 years ago
    Add please the ability to save the full formatting of the Charts added to the AutoText. I, for example, lost the settings of the number format in the row and color settings.
  • To post as a guest, your comment is unpublished.
    inetguru · 2 years ago
    The Navigation Pane is one of the best ideas for improving user interaction with excel. Thank you very much!
    It would be great, if you can add the following improvements:


    a. in the list of sheets the possibility of filtering by the color of the tab (choose from the available ones);


    b. In the column list in a separate column, indicate whether the filter is installed on it (yes, no), and at the bottom of the list, display the form window as in the list of names. In it, display the installed filter on the selected column. Something similar is implemented in the FilterMate add-in (https://www.excelcampus.com/filter-mate/). It is also very convenient to jump to the next filtered column by one button. I'll be glad to see you have such features, so as not to keep many add-ins in the Excel interface.


    c. In the list of columns, add a search by name option.
    This tool is especially relevant when using wide tables. The search will help to speed up the work.

    d. In the auto-text with formulas, please make it possible to display the text of the formulas title of the auto-text when the preview is turned off. Give the opportunity to make a really convenient library of formulas. Pictures now take up a lot of space on the screen and flipping a long list of formulas is not very convenient. The instrument has great potential in this part, but you miss its possibilities.


    e. In AutoText, make it possible to change the formulas of the previously saved AutoText.
  • To post as a guest, your comment is unpublished.
    Kevin L · 5 years ago
    Yes, sure. You can use the Ctrl+PageUp, and Ctrl+PageDown to navigate between sheets.
  • To post as a guest, your comment is unpublished.
    William Adams · 5 years ago
    Is there a quick way to navigate between the task pane and an open Excel worksheet with keyboard shortcuts? I love the optionality offered by the Navigation Pane, but I find it annoying having to use my mouse to jump to different sheets in the Navigation Pane since I don't use my mouse for anything else in Excel. If there is a keyboard shortcut for this it would make it 1000x better.