ヒント:他の言語はGoogle翻訳されています。 訪問することができます English このリンクのバージョン。
ログイン
x
or
x
x
登録
x

or

ランダムジェネレータを使用して乱数、日付、パスワードをExcelに挿入する

通常、Excelで乱数を挿入または生成する場合は、ExcelのRAND関数またはRANDBETWEEN関数を使用して乱数を生成する方法を学習する必要があります。 一般に、Excelで乱数を簡単に生成することは容易ではありません。 あなたの仕事を強化するために、今はあなたに強力な ランダムデータを挿入する の有用性Kutools for Excel. このユーティリティを使用すると、ランダムなデータをExcelで指定範囲にすばやく挿入できます。

ある範囲内の乱数を生成/挿入する

ある範囲内にランダムな10進数を生成/挿入する

ある範囲内のランダムな日付を生成/挿入する

ある範囲内でランダム時間を生成/挿入する

パスワード(ランダムデータ列)または指定された書式データ文字列を範囲内で生成/挿入する

範囲内にカスタムリストを生成/挿入する


ナビゲーションヘッダーの クツール >> インセット >> ランダムデータを挿入する。 スクリーンショットを参照してください:

docランダムデータ1

ある範囲内の乱数を生成/挿入する

100と500の間の乱数を指定した範囲で生成するには、以下のようにすばやく行うことができます。

1。 乱数を生成/挿入する範囲を選択します。

2。 このユーティリティを適用するには、をクリックします クツール > インセット > ランダムデータを挿入する。 の中に ランダムデータを挿入する ダイアログボックスでは、次の操作が必要です。

1)。 クリック 整数 タブ;

2)。 100と500を別々に指定する から および ボックスをクリックし、 Ok or 適用します ボタン。 スクリーンショットを見る:

docランダムデータ2

: クリック OK ボタンをクリックすると、乱数を挿入した後にダイアログボックスが閉じられますが、 適用します ボタンを押して、乱数を挿入した後、ダイアログボックスはさらに使用するために開いたままになります)

結果は次のようになります。 スクリーンショットを参照してください:


ある範囲内にランダムな10進数を生成/挿入する

1。 ランダムな10進数を生成/挿入する範囲を選択します。

2。 このユーティリティを適用するには、をクリックします クツール > インセット > ランダムデータを挿入する。 の中に ランダムデータを挿入する ダイアログボックスでは、次の操作が必要です。

1)。 クリック 10進数 タブ;

2)。 100と500を別々に指定する から および ボックス。

3) 小数点以下桁 テキストボックスをクリックして Ok or 適用します ボタン。 スクリーンショットを見る:

docランダムデータ3

: クリック OK ボタンをクリックすると、ランダムな10進数を挿入した後にダイアログボックスが閉じますが、 適用します ボタンを押して、乱数を挿入した後、ダイアログボックスはさらに使用するために開いたままになります)

結果は次のようになります。 スクリーンショットを参照してください:
docランダムデータ4


ある範囲内のランダムな日付を生成/挿入する

場合によっては、ランダムに日付を生成/挿入する必要があります。たとえば、稼働日や週末の週末などの範囲には、次のようにします。

1。 任意の日付を挿入する範囲を指定します。

2。 に行く ランダムデータを挿入する ダイアログボックスで、をクリックします。 日付必要に応じて日付を変更してください。 スクリーンショットを見る:

docランダムデータ5

A:日付範囲を指定します。

B:あなたが 就業日 2つの指定された日付間のすべての就業日がランダムに生成されるため、 週末.

3。 クリック OK or 適用します。 結果は次のようになります。 スクリーンショットを見る:

docランダムデータ6


ある範囲内でランダム時間を生成/挿入する

指定した範囲にランダム時間を生成/挿入する必要がある場合は、次のようにしてください。

1。 ランダム時間を挿入する範囲を指定します。

2。 の中に ランダムデータを挿入する ダイアログボックスで 時間 タブで、時間を個別に指定する から および ボックスをクリックして、 OK or 適用します ボタン。 スクリーンショットを見る:

docランダムデータ7

3。 セル形式を時間形式に変更すると、次のような結果が表示されます。 スクリーンショットを見る:

矢印青い右の泡 パスワード(ランダムデータ列)または指定された書式データ文字列を範囲内で生成/挿入する

ある範囲内にランダムな日付文字列を生成または挿入し、ランダムなデータ文字列をパスワードとして使用すると仮定すると、次のようになります。

1。 データ文字列を生成/挿入する範囲(パスワード)を選択します。

2。 の中に ランダムデータを挿入する ダイアログボックスで、をクリックします。 文字列 タブをクリックし、文字と文字列の長さを指定して、 Ok or 適用します ボタン。 スクリーンショットを見る:

docランダムデータ8

4。 挿入されたデータ文字列は、下のスクリーンショットに示すように表示されます。

shot-generate-random-data8

さらに、指定された書式設定データ文字列を生成または挿入することもできます( ??????????)を以下の範囲で指定します。

1。 データの検索範囲を選択します。 下 文字列 タブで、文字を指定し、 マスクで ボックスに入力し、指定したデータ文字列を マスクで ボックス。 スクリーンショットを見る:

docランダムデータ9

:ここでは? 最後に指定された書式設定文字列内のランダムな文字の桁を示すシンボル。

2。 クリック後 OK or 適用します。 指定された書式データ文字列は、以下のように選択範囲内でランダムに生成されます。 スクリーンショットを見る:

shot-generate-random-data10


範囲内にカスタムリストを生成/挿入する

このユーティリティを使用すると、セル内にカスタムリストを迅速に生成または挿入することもできます。

1。 カスタムリストを挿入する必要がある範囲を選択します。

2。 の中に ランダムデータを挿入する ダイアログボックスで、をクリックします。 カスタムリスト をクリックします。

3。 必要に応じてデフォルトのカスタムリストを使用することも、新しいカスタムリストを作成することもできます。 ボタンを押してカスタムデータを入力し、最後に OK ボタンの シーケンスの作成 ダイアログボックス。 スクリーンショットを見る:

docランダムデータ10

A:セルからデータをすばやく抽出して、新しいカスタムリストを作成することができます。

4。 これでカスタムリストが作成され、それを選択してクリックします OK or 適用します ボタンを押して挿入を完了します。

4。 次に、をクリックします OK or 適用します。 新しいデータが指定された範囲に挿入されました。 スクリーンショットを参照してください:

shot-generate-random-data12


ノート:

1。 このユーティリティは元に戻す操作をサポートしているため、元に戻す(Ctrl + Z)を押すと元に戻すことができます。

2. 一意の値 オプションは、範囲内の一意の値を生成または挿入するだけです。


デモ:乱数、日付、時刻、テキスト文字列、またはカスタムデータリストをワークシートに挿入する

Kutools for Excel200便利なExcelアドイン以上で、60日に制限なく試してみることができます。 今すぐダウンロードして無料トライアル!


生産性ツール推奨
次のツールは時間とお金を大幅に節約することができます。
Office Tab: オフィスで便利なタブを使用するChrome、Firefox、新しいInternet Explorerのように。
Kutools for Excel: Excel用の300拡張機能以上 2019、2016、2013、2010、2007、およびOffice 365が含まれます。
Classic Menu for Office: 使い慣れたメニューをOfficeに戻す 2007、2010、2013、2016、2019、365のように、Office 2000と2003のように。

Kutools for Excel

上記の機能はExcel用のKutoolsの300強力な機能の1つに過ぎません。

Excel(Office)2019、2016、2013、2010、2007、Office 365向けに設計されています。 60日間無料でダウンロードして使用できます。

Kutools for Excelのスクリーンショット

btnもっと読む btnダウンロード btn購入

Say something here...
symbols left.
You are guest ( Sign Up? )
or post as a guest, but your post won't be published automatically.
Loading comment... The comment will be refreshed after 00:00.

Be the first to comment.