ヒント:他の言語はGoogle翻訳されています。 訪問することができます English このリンクのバージョン。
ログイン
x
or
x
x
登録
x

or

Excelですばやくスクロール領域を設定する(非選択の列と行を一度に非表示にする)

列と行が多すぎるワークシートがある場合は、特定の範囲の行と列を除くすべての行と列を非表示にすることができます。 こうすることで、対処する必要のある実際のデータに容易に焦点を当てたり、ワークシート内を移動しないようにすることができます。 これとともに スクロールエリアを設定する Kutools for Excelのユーティリティを使用すると、選択していない列や行をすぐに非表示にすることができます。


ナビゲーションヘッダーの クツール >> 表示/非表示 >> スクロール領域を設定します。 スクリーンショットを参照してください。

ショットセットスクロールエリア2


使用法:

1。 スクロール領域として設定する範囲を次のように選択します。

2。 そして、 スクロールエリアを設定する。 下の図に示すように、スクロールエリアが表示されます。

ノート:

  1. スクロール領域を設定するために行や列全体を選択できますが、スクロール領域は複数の非連続範囲で構成することはできません。
  2. スクロール領域を削除するには、すべての範囲を再表示"from"表示/非表示".
  3. 手動で削除することもできます:すべて選択"ボタンをクリックし、行番号と列ヘッダーの交差点にある行番号を右クリックし、元に戻す"すべての行を表示するには、任意の列の文字を右クリックし、元に戻すすべての列を再表示します。
  4. この機能は1つのレベルをサポートします アンドゥ。 あなたは押すことができます アンドゥ (または Ctrlキー+ Z)すぐに操作を復元します。

生産性ツール推奨
次のツールは時間とお金を大幅に節約することができます。
Office Tab: オフィスで便利なタブを使用するChrome、Firefox、新しいInternet Explorerのように。
Kutools for Excel: Excel用の300拡張機能以上 2019、2016、2013、2010、2007、およびOffice 365が含まれます。
Classic Menu for Office: 使い慣れたメニューをOfficeに戻す 2007、2010、2013、2016、2019、365のように、Office 2000と2003のように。

Kutools for Excel

上記の機能はExcel用のKutoolsの300強力な機能の1つに過ぎません。

Excel(Office)2019、2016、2013、2010、2007、Office 365向けに設計されています。 60日間無料でダウンロードして使用できます。

Kutools for Excelのスクリーンショット

btnもっと読む btnダウンロード btn購入

Say something here...
symbols left.
You are guest ( Sign Up? )
or post as a guest, but your post won't be published automatically.
Loading comment... The comment will be refreshed after 00:00.

Be the first to comment.