ヒント:他の言語はGoogle翻訳されています。 訪問することができます English このリンクのバージョン。
ログイン
x
or
x
x
登録
x

or

Office Tab - Microsoft Office 2016、2013 - 2003およびOffice 365でのタブ付きブラウジング、編集、および管理


Microsoft Officeでは、1つのタブ付きウィンドウ内で複数のファイルを表示および編集することはできません。 Office Tabでは、タブ付きのユーザーインターフェイスを導入することでこれを変更しています。 Google Chromeの、Internet Explorerの新しいバージョンとFirefox。 Microsoft Office 2019、2016、2013、2010、2007、2003、Office 365(Word、Excel、PowerPoint、Publisher、Access、Project、Visioなど)にタブ付きのインターフェイスを提供します。

  • 1つのタブ付きウィンドウで複数のOfficeドキュメントを開いたり、読み込んだり編集したり、管理したりできます。
  • 同時に開くウィンドウの数を最小限に抑えます。
  • ワンクリックですべてのOfficeドキュメントを保存して閉じます。
  • Microsoft Officeでサポートされているすべての言語をサポートします。

Office_tab_screenshot

より多くのスクリーンショット

 

オフィスタブエンタープライズ

Office Tab

コンポーネントを含める:
 Tabs for Word
 Tabs for Excel
 Tabs for PowerPoint
 Tabs for Publisher
アクセスのタブ
 Tabs for Project
 Tabs for Visio


save_document

オールワンクリックで保存

Officeタブの主な利点は、アクションを統合することで時間を節約できることです。 たとえば、複数のファイルを開いた場合、個別にファイルを保存して閉じる必要はありません。 コンテキストメニューから「すべて保存」をクリックすると、すべてのファイルが保存されます。 開いているファイルをすべて閉じるには? 「すべて閉じる」を選択するだけで、すべてのファイルが閉じられます。


ドキュメントを管理する

グループ内の文書を管理する詳細

[Office]タブでは、保存したMicrosoft Officeファイルをグループに追加できます。 ドキュメントのグループやExcelファイルのグループなどをすばやく開くことができます。 このお気に入りグループ機能を使用すると、Microsoft Officeアプリケーション内のドキュメントのグループに次の操作を簡単に適用できます。

グループに文書を追加する。
文書群を開く。
文書のグループを閉じる。
ドキュメントのグループを保存します。


リネーム

ファイルの名前を簡単に変更

ファイルの名前を変更するために[名前を付けて保存]ダイアログを開く必要はありません。 タブのコンテキストメニューで「名前を変更」をクリックし、新しいファイル名を入力するだけで簡単です! ファイルを別のフォルダに保存する場合は、コンテキストメニューから「名前を付けて保存」を選択します。


フルネーム1

フルファイル名を表示する

ファイル名が長い場合、通常、Windowsのタスクバーには小さな部分しか表示されませんが、これはよく問題になります。 ただし、Officeタブがインストールされていると、Tab Barの長さにかかわらず、Tab Barにファイル名全体が表示されます。


コンテキストメニュー

便利なコンテキストメニュー

タブまたはタブバーを右クリックして、タブ/タブバーのコンテキストメニューにアクセスします。 Officeタブでは、Microsoft Officeの一般的なコマンド項目を組み合わせることで、これらの項目にすばやくアクセスできるようになります。


使いやすい

使いやすい

タブ付きインタフェースにより、1つのウィンドウで複数の文書を開くことができます。 各文書はウィンドウ内に新しいタブとして表示され(新しいウィンドウではなく)、ワンクリックでアクセスできます。 この機能は、Microsoft Officeプログラム(Word、Excel、PowerPoint、Project、Publisher、Access、およびVisio)で作業するときの効率を向上させます。


ee_icon_4

高性能

Officeタブは、標準のMicrosoft Officeアドインテクノロジに基づいています。 標準アプリケーションのパフォーマンスには影響しませんが、ファイルサイズは非常に小さくなります。


移動タブ

タブを移動する

タブはドラッグするだけで簡単に移動できます。 マウスを使用してタブ間を切り替えることも、Alt + N(「N」はタブオーダー「1、2、3 ...」)を押してタブをアクティブにすることもできます。


外観

カスタマイズタブの外観

タブとタブバーの色はカスタマイズ可能です。 あなたが選択できる11スタイルがあります。 各スタイル内で、各タブのフォントスタイルと名前を好みに合わせて変更できます(これらの変更を適用するには、Microsoft Officeを終了して再起動する必要があります)。

より強力な機能


たくさんのショートカット ...

Officeタブは、タブを処理したり、タブバーを非表示にしたり、タブ間を切り替えたり、特定のタブを選択したりするための、組み込み型およびユーザー定義のショートカットをたくさんサポートしています。 パーソナライズされたショートカットは簡単に割り当てることができます。

タブバーの表示/非表示

ワークスペースの上、下、右または左にタブバーを配置することができます。 タブが1つしかない場合でもタブバーを非表示にすることもできます。 カスタマイズ可能なショートカットキー(デフォルトのショートカットキーは "Win + Q")を使用してタブバーを表示または非表示にすることもできます。

ドキュメントを開く ...

コンテキストメニューには、「開く」、「新しいウィンドウで開く」、および「フォルダを開く」というオプションがあります。 既存のファイルやフォルダを開き、複数のタブ付きウィンドウを開くのは簡単です。

オールインワン設定センター ...

Officeタブには強力な設定センターがあり、ここですべてのOfficeタブ設定を構成できます。 Tab Centerを使用して、タブを個別に有効/無効にする、ショートカットを使用する(または使用しない)、上、下、左または右の位置にタブバーを表示する、タブのスタイルを選択する、タブをカスタマイズするなどのすべての設定を操作できます。タブの色。

新しい文書を作成する

タブバーの空白部分の左ボタンをダブルクリックするか、コンテキストメニューの「新規」コマンド項目を使用することで、新しい文書を素早く作成することができます。

ドキュメントを保存する

コンテキストメニューの「保存」コマンドと「すべて保存」コマンドを使用すると、ワンクリックですべての文書を保存できます。 [Office]タブは、修正された状態を示すために、変更されたドキュメントまたはワークブックにファイル名にアスタリスク(*)を付けてマークします。

ドキュメントを閉じる ...

コンテキストメニューには、「閉じる」、「すべて閉じる」、および「その他を閉じる」というオプションがあり、開いているドキュメントを閉じる際の柔軟性を提供します。タブ上の左ボタンをダブルクリックするか、開いている文書を閉じます。

タブの長さをカスタマイズする

タブの長さは、自動、自己適応、または固定に設定できます(デフォルトの長さは「自動」です)。 自動的にできるだけ多くのファイル名が表示されます。 自己適応型は、タブ上で使用可能なスペースに応じてファイル名を表示します。 タブの長さを固定すると、すべてのタブの長さが同じになります。