クッキーは、私たちは私たちのサービスを提供するのに役立ちます。 当社のサービスを使用することで、クッキーの我々の使用に同意するものとします。
ヒント:他の言語はGoogle翻訳されています。 訪問することができます English このリンクのバージョン。
ログイン
x
or
x
x
登録
x

or

Active Directoryを使用してMSIパッケージを展開する方法

マイクロソフトを使用している場合 SCCM ソフトウェアをデプロイおよび管理するために、この記事は必要ありません。 ExeとMSIパッケージはあなたにぴったりです。
を使用して、会社または組織内のすべてのコンピューターにソフトウェアを展開する場合 Active Directory最初にMSIインストールパッケージをダウンロードしてください。

デプロイのスクリーンショットを表示する


Windows Server 2019、2016、2012、2008、および2003でMSIを展開する

  • 手順1:配布ポイントを作成する
  • 管理者アカウントでWindows Serverにログインします。
  • 共有ネットワークフォルダを作成します。 たとえば、共有フォルダを作成します。 d:\ deploy サーバー上で
  • のアクセス許可を設定する d:\ deploy すべてのユーザーが読めるようにします。
  • ファイルをコピーします SetupOfficeTabMSI.msi d:\ deployに移動します。

  • ステップ2:MSIパッケージのプロパティの編集
  • インストールする必要があります オルカツール MSIパッケージのプロパティを編集することができます。 あなたはインストールする必要はありません Orca Server 2003 SP1以降のバージョンを使用している場合。 インストールしていない場合は、をクリックします。 Windows®Server 2003 SP1 Platform SDK Webインストール インストールする。
  • ファイルを右クリックします。 SetupOfficeTabMSI.msi in d:\ deployを選択し、オルカで編集"をポップアップメニューから選択します。
  • 左側のテーブルで[プロパティ]を選択します。 を入力 "PROP_LICENSENAME"と"PROP_LICENSECODE".

  • ステップ3:パッケージの割当
  • 始める Active Directoryユーザーとコンピュータのスナップイン。 これを行うには、をクリックします。 開始、 指し示す [管理ツール]、[OK]をクリックします Active Directoryユーザーとコンピュータ.
  • コンソールツリーで、ドメインを右クリックし、[OK]をクリックします。 プロパティ.
  • ストリーミングを停止する場合は上部の グループポリシー タブ、選択 既定のドメインポリシー または他のグループポリシーオブジェクトをクリックし、[OK]をクリックします。 編集.
  • コンピューター構成、展開する ソフトウェアの設定.
  • 右クリックする ソフトウェアのインストール、 指し示す 新着、[OK]をクリックします パッケージ.
  • の中に 開いた ダイアログボックスで、必要な共有インストーラパッケージの完全な汎用名前付け規則(UNC)パスを入力します。 例えば、 \\ MyServer \ share \ SetupOfficeTabMSI.msi (「MyServer」はネットワーク上のサーバー名、「share」はネットワーク共有名 d:\ deploy). 重要:共有インストーラパッケージへのUNCパスを使用していることを確認してください。
  • ナビゲーションヘッダーの 開いた.
  • ナビゲーションヘッダーの 割り当てられました、[OK]をクリックします OK。 パッケージは、パッケージの右ペインに表示されます。 グループポリシーウィンドウ.
  • それを閉めて グループポリシースナップイン、クリック OK、その後終了します Active Directoryユーザーとコンピュータのスナップイン.
  • あなたの会社/組織内のクライアントコンピュータが起動すると、ソフトウェアが自動的にインストールされます。