クッキーは、私たちは私たちのサービスを提供するのに役立ちます。 当社のサービスを使用することで、クッキーの我々の使用に同意するものとします。
ヒント:他の言語はGoogle翻訳されています。 訪問することができます English このリンクのバージョン。
ログイン
x
or
x
x
登録
x

or

Outlook経由で送信する前に受信者のアドレスを確認する方法

いくつかの重要な受信者をTo、CCまたはBCCのフィールドに追加すると、Outlookから電子メールを送信することがあります。 ここで、私は特定の電子メールアドレスがOutlookを通じて送信する前に追加されているかどうかを確認する方法を紹介することができます。

VBAコードで送信する前にアドレスを確認する

すべてに返信すると、自分自身をOutlookで除外する

Outlookのすべての機能に返信を使用すると、受け取ったメールにさらに2つのアカウントが含まれている場合は、Toフィールドにアカウントを追加することができます。 この場合、ToおよびCCフィールドからアカウントを削除することができます。 Outlook用Ktools's 私の名前は あなたはこの仕事をすばやく解決することに賛成できます。 1回クリックするだけで、OutlookのすべてのmyselftアカウントがToフィールドとCCフィールドから削除されます。 45日間無料トライアルをクリックしてください!
doc返信の除外アカウント
doc arrow dowm

doc返信アカウント2を除外
Outlook用のKutools:数十種類の便利なOutlookアドインを使って、45日に制限なく試してみてください。

VBAコードで送信する前にアドレスを確認する

ここでは、この仕事を解決するのに役立つ2つのコードがあります。必要に応じて誰でも選択できます。

1。 押す Alt + F11 k有効にするeys アプリケーション用Microsoft Visual Basic 窓。

2。 ダブルクリック ThisOutlookSession from Project1 ペインでコードエディタを開き、コードの下にコピーしてエディタに貼り付けます。

VBA:Toフィールドに受信者アドレスをチェックしてから送信する

プライベートサブApplication_ItemSend(オブジェクトとしてByVal項目、ブールとしてキャンセル)「文字列薄暗いxRecipientとしてバリアント薄暗いXADDRESSとしてUpdatebyExtendoffice20180523薄暗いxAddressArr()整数薄暗いxDictionary Scripting.DictionaryのOn Errorとして再開次のセットxDictionary =などの文字列点心xYesNoとして受信者薄暗いxPromptとして、新Scripting.Dictionary xAddressArr = UBound関数(xAddressArr)xDictionary.Add xAddressArr(私へのI = LBOUND(xAddressArr)の配列( "example1@126.com"、 "example2@126.com"、 "example3@126.com") = iについてxRecipient.Type = olToそして場合xDictionary.Exists(xRecipient.Address)次にxDictionary.Remove xRecipient.Address END IF次に場合xDictionary.Count = 0は次に後藤L1場合Item.Recipientsの各xRecipientための次のI)、真0へxDictionary.Count  -  1の場合XADDRESS = "" その後XADDRESS = xDictionary.Keys(I)エルスXADDRESS = XADDRESS + ";" &xDictionary.Keys(I)次は私が= xPrompt場合は終了「あなたはこれを送信していません。 "&xAddress&"。メールを送信してもよろしいですか? " xYesNo = MsgBoxに(xPrompt、vbQuestion + vbYesNo、 "OutlookのKutools")xYesNo = vbNoが続い= TrueのL1をキャンセルした場合:設定xRecipient =何も設定しxDictionary =何もEnd Subの

doc 1を送信する前に受信者アドレスを確認する

コードでは、 ("example1@126.com", "example2@126.com", "example3@126.com") あなたが必要とする本当の受取人に。

3。 次に、 アプリケーション用Microsoft Visual Basic ウィンドウ、クリック ツール > リファレンス。 チェック Microsoft Scripting Runtime チェックボックス 参照 - Project1 ダイアログ。

doc 2を送信する前に受信者アドレスを確認する 右矢印 doc 3を送信する前に受信者アドレスを確認する

4。 クリック OK コードを保存します。

指定した受信者がメールを送信中に[宛先]フィールドに表示されない場合、メールを送信するかどうかを知らせるダイアログが表示されます。
doc 4を送信する前に受信者アドレスを確認する

上記のコードでは、 フィールド、チェックインしたい場合 , CC および BCC 以下のコードを使用することができます。

VBA:送信前にTo / CC / BCCフィールドの受信者アドレスを確認する

次のエラー再開にプライベートサブApplication_ItemSend(オブジェクトとしてByVal項目、ブールとしてキャンセル)文字列として薄暗いXADDRESS整数として薄暗いxPrompt整数として薄暗いxYesNoとしてOutlook.Recipient薄暗いXPOSとしてOutlook.Recipients薄暗いxRecipient「としてUpdatebyExtendoffice20180523薄暗いxRecipients項目の場合。 xPos = 1 Then xPrompt = "あなたが送信していれば、XRemipientはxRecipientに、xRecipientはxRecipientに、xRecipientはxRecipientに、これを "&xAddress&"に送信してください。送信してもよろしいですか? " xYesNo = vbNoならばキャンセル= True End If Next xRecipient End Sub(xPrompt、vbYesNo + vbQuestion + 0、 "Kutools for Outlook")

このコードでは、チェックする必要はありません Microsoft Scripting Runtime チェックボックスを有効にするコードを直接保存するだけです。



Kutools for Outlook

Outlook用100拡張機能2010、2013、2016、2019、および365

バナー201812のための小さい見通しのためのスクリーンショットkutools

その他の機能 | 無料ダウンロード | 何百もの関数に対して$ 39.00のみ

Say something here...
symbols left.
You are guest ( Sign Up? )
or post as a guest, but your post won't be published automatically.
Loading comment... The comment will be refreshed after 00:00.

Be the first to comment.