クッキーは、私たちは私たちのサービスを提供するのに役立ちます。 当社のサービスを使用することで、クッキーの我々の使用に同意するものとします。
ヒント:他の言語はGoogle翻訳されています。 訪問することができます English このリンクのバージョン。
ログイン
x
or
x
x
登録
x

or

Outlookでメッセージに返信するときに、親愛なる送信者の名前を自動的に作成するにはどうすればよいですか?

電子メールメッセージに返信するときは、送信者の名前と挨拶を手動で入力する必要があります。 時間を節約し、作業効率を向上させるために、Outlookで自動的に親愛なる送信者の名前と挨拶を作成することを検討することがあります。 この記事では、Outlookでこのタスクを解決するための便利な方法について説明します。

VBAコードでメッセージに返信するときに、親愛なる送信者の名前と挨拶を自動的に作成する

Outlook用Kutoolsでメッセージに返信するときに、親愛なる送信者の名前と挨拶を自動的に作成する


メッセージを返信するときに、親愛なる送信者の名前とグリーティングを自動的に作成します。

メッセージを返信するときに、親愛なる送信者の名前とグリーティングを自動的に挿入するには、 Kutools for Outlook's 返信時に挨拶を追加する 機能を使用すると、Outlookでこの作業をすばやく簡単に完了できます。

doc自動送信者名6

Kutools for Outlook:20以上の便利なExcelアドインを使って、60日以内に自由に試してみてください。 今すぐ無料体験版をダウンロードしてみてください!

VBAコードでメッセージに返信するときに、親愛なる送信者の名前と挨拶を自動的に作成する

次のVBAコードは、電子メールメッセージに返信するときに親愛なる差出人の名前と挨拶を自動的に挿入するのに役立ちます。

1。 押さえつける Alt + F11 キーを押して アプリケーション用Microsoft Visual Basic 窓。

2。 の中に アプリケーション用Microsoft Visual Basic ウィンドウ、ダブルクリック ThisOutlookSession から Project1(VbaProject.OTM) ウィンドウを開いてモードを開き、次のコードをコピーして空白のモジュールに貼り付けます。

VBAコード:自動返信時に送信者の名前と挨拶を挿入:

Public WithEvents GExplorer As Outlook.Explorer Public WithEvents GMailItemとしてOutlook.MailItem Private Sub Application_Startup()GExplorer = Outlook.Application.ActiveExplorer End Sub Private Sub GExplorer_SelectionChange()Dim xItemオブジェクトとしてエラーが発生した場合は、次のSetを再開します。xItem = GExplorer.Selection.Item (1)xItem.Class <> olMail Then Exit Sub Set GMailItem = xItem End SubプライベートSub GMailItem_Reply(オブジェクトとしてのByValレスポンス、Booleanとしてキャンセル)AutoAddGreetingToReplyレスポンスEnd SubプライベートSub GMailItem_ReplyAll(オブジェクトとしてのByValレスポンス、Booleanとしてキャンセル)AutoAddGreetingToReplyレスポンスEnd Sub Sub AutoAddGreetingToReply(アイテムとしてのオブジェクト)Dim xGreetStr As String Dim xReplyMailとしてMailItem Dim xSenderNameを文字列Dim xRecipient As受信者On Error Resume Next If Item.Class <> olMail Then Exit Sub Set xReplyMail = xReplyMail内の各xRepipientの項目。受信者がxSenderName = ""ならばxSenderName = xRecipient.Name Else xSenderName = xSenderName& "、"&xRecipient.Name End 次のxRecipientが大文字小文字を選択する場合0.3を0.5にxGreetStr = "おはよう!" 0.5から0.75へのケースxGreetStr = "良い午後!" Case Else xGreetStr = "おはよう!" &xSearchName& "、</ HTML> </ Body>"&xGreetStr&.HTMLBody End Subを使用してEnd Subを選択すると、xReplyMail .Display .HTMLBody = "<HTML>

doc自動送信者名1

3. それから、Outlookを閉じてコードを実行して、コードエフェクトを取得します。電子メールメッセージに返信すると、親愛なる送信者の名前と挨拶が本体に自動的に挿入されます。

doc自動送信者名2


Outlook用Kutoolsでメッセージに返信するときに、親愛なる送信者の名前と挨拶を自動的に作成する

あなたが持っている場合 Kutools for Outlookそのと 返信時に挨拶を追加する Outlookでは、返信時に送信者の名前が自動的に挿入されます。

Kutools for Outlook : 20便利なOutlookアドイン以上で、60日以内に自由に試してみることができます.

インストールした後 Kutools for Outlook、次のようにしてください:

1に設定します。 OK をクリックします。 クツール > オプション、スクリーンショットを見る:

doc自動送信者名3

2。 の中に オプション ダイアログボックスの下に 返信 タブ、チェック 返信時に挨拶を追加する オプションを選択し、必要に応じてグリーティングを入力します。スクリーンショットを参照してください。

doc自動送信者名4

3。 次に、をクリックします OK この設定を終了するには、今からメッセージに返信するとき、メッセージ本文の前に自動的に作成されます。スクリーンショット:

doc自動送信者名5

クリックしてOutlook用Kutoolsをダウンロードし、今すぐ無料トライアル!



Kutools for Outlook

Outlook用100拡張機能2010、2013、2016、2019、および365

バナー201812のための小さい見通しのためのスクリーンショットkutools

その他の機能 | 無料ダウンロード | 何百もの関数に対して$ 39.00のみ

Say something here...
symbols left.
You are guest ( Sign Up? )
or post as a guest, but your post won't be published automatically.
Loading comment... The comment will be refreshed after 00:00.

Be the first to comment.