ヒント:他の言語はGoogle翻訳されています。 訪問することができます English このリンクのバージョン。
ログイン
x
or
x
x
LPI ID 登録
x

or

2つの日付または時間の間の日または時間を計算する方法Word文書では?

通常、Excelワークシート内の2つの日付間の日数を迅速かつ簡単に計算できますが、Word文書で指定された2つの日付間の日数を取得しようとしたことがありますか?

Word文書の2つの日付の差をVBAコードで計算する

Word文書でVBAコードを使用して2回の差を計算する


Word文書の2つの日付の差をVBAコードで計算する

指定された2つの日付間の日数を計算するには、以下のVBAコードを使用してください。

1。 押さえつける Alt + F11 キーを押して アプリケーション用Microsoft Visual Basic 窓。

2。 そして、 インセット > モジュール開いている空白のモジュールに以下のコードをコピーして貼り付けます:

VBAコード:2つの日付の差を計算する

Sub CalculateDateDifference()
    Dim xStartDate As Date
    Dim xEndDate As Date
    Dim xDay As Long
    On Error Resume Next
    xStartDate = InputBox("Enter the start date", "KuTools for Word", "")
    xEndDate = InputBox("Enter the end date", "KuTools for Word", "")
   If (InStr(1, Str(xStartDate), ":") > 0) Or (InStr(1, Str(xEndDate), ":") > 0) Then
        MsgBox "please input current date", vbInformation, "KuTools for Excel"
        Exit Sub
    End If
    xDay = DateDiff("d", xStartDate, xEndDate)
    MsgBox "There are " & xDay & " days left from " & xStartDate & " to " & xEndDate & vbCrLf, vbInformation, "KuTools for Word"
End Sub

3。 そして、 F5 このコードを実行するには、連続するダイアログボックスで、使用する開始日と終了日を入力します。スクリーンショットを参照してください。

doc計算日1

4。 次に、をクリックします。 OK ボタンを押すと、結果が表示されます。スクリーンショットを参照してください:

doc計算日2


Word文書でVBAコードを使用して2回の差を計算する

ここでは、2つの特定の時間の差を計算するのに役立つ別のVBAコードを示します。このようにしてください:

1。 押さえつける Alt + F11 キーを押して アプリケーション用Microsoft Visual Basic 窓。

2。 そして、 インセット > モジュール開いている空白のモジュールに以下のコードをコピーして貼り付けます:

VBAコード:2回の差を計算する

Sub CalculateTimeDifference()
    Dim xStartDate As Date
    Dim xEndDate As Date
    Dim xTime As Long
    Dim xHour As Long
    On Error Resume Next
    xStartDate = InputBox("Enter the start time", "KuTools for Word", "")
    xEndDate = InputBox("Enter the end time", "KuTools for Word", "")
    Debug.Print Str(xStartDate)
    If (Str(xStartDate) = " 0:00:00") Or (Str(xEndDate) = " 0:00:00") _
    Or (Str(xStartDate) = " 12:00:00 AM") Or (Str(xEndDate) = " 12:00:00 AM") Then
        MsgBox "please input the time", vbInformation, "KuTools for Excel"
        Exit Sub
    ElseIf xStartDate > xEndDate Then
        MsgBox " The start time is not larger than the end time!", vbInformation, "KuTools for Excel"
        Exit Sub
    End If
    xTime = DateDiff("s", xStartDate, xEndDate)
    xHour = xTime \ 3600
    xTime = xTime - xHour * 3600
    MsgBox "There are " & xHour & " hours " & xTime \ 60 & " minutes " & xTime - (xTime \ 60) * 60 _
            & " seconds left from " & xStartDate & " to " & xEndDate & vbCrLf, vbInformation, "KuTools for Word"
End Sub

3。 そして、 F5 このコードを実行するキー、連続するダイアログボックスで、差を計算するために使用する開始時刻と終了時刻を入力します。スクリーンショットを参照してください。

doc計算日3

4。 次に、をクリックします。 OK ボタンを押して、2つの所与の時間の時間差を計算し、以下のスクリーンショットのように表示する。

doc計算日4



おすすめのWord生産性向上ツール

Word用Kutools-Wordの100の高度な機能以上に、50%の時間を節約できます

  • 複雑で繰り返しのある操作は、数秒で1回の処理で実行できます。
  • 一度にWord文書にフォルダ間で複数の画像を挿入します。
  • フォルダ間の複数のWordファイルを希望の順序で1つに結合します。
  • 見出し、セクション区切り、またはその他の基準に従って、現在のドキュメントを個別のドキュメントに分割します。
  • DocとDocx、DocxとPDF、一般的な変換と選択のためのツールのコレクションなどの間でファイルを変換する...
Say something here...
symbols left.
You are guest ( Sign Up? )
or post as a guest, but your post won't be published automatically.
Loading comment... The comment will be refreshed after 00:00.

Be the first to comment.